読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

0時を過ぎたら朝ごはん

ジャニーズWESTがバカみたいに好きだ!!

ジャニーズWESTに大嫌いな夏を大好きにしてほしい。

ジャニーズWEST

 

 もともと雪国に生まれた私にとって暑いのが本当に苦手で、夏と冬どっちが好きと聞かれれば即座に冬と答えるし暑いのと寒いのどっちが嫌と聞かれれば光の速さで暑いのと答えるくらい夏が嫌いだ。

 

雪国育ちとはいっても30度はゆうに超える夏を数十回過ごしてきたし、上京してからというものその蒸し暑さとビルが放つ光の強さも毎年体験している。幾度と経験してもほんとうに夏が嫌いで嫌いで大嫌いで、好きな季節はダントツで最下位で、嫌いな季節はダントツで最高位だったけど、少しずつ夏が好きになりつつある。好きというよりは楽しめるようになりつつある。

 

それはジャニーズWESTのおかげで、メンバー7人中5人が夏生まれというサマーエリートグループがいるからだと思う。

 

7月1日、神山智洋くんの誕生日とともに夏がスタートダッシュを切り、8月31日、桐山照史くんの誕生日とともに夏はゴールテープを切る。かといって、ここ最近の日本は残暑が厳しく9月に入っても夏のような感じだし、大学生は9月まで夏休みだけれども、暦が夏の終わりを示すように私の中の2016年夏もそこで終わる気がする。

 

今年は特別想いを込める夏にさらに輝きを放つことがたくさんある。

今月7月は新曲「人生は素晴らしい」が発売する。プロモーションも行われるだろうし夏に肌を露わにする女性のように、ジャニーズWESTの露出も多くなる。

8月からは神山智洋くんが出演する劇団☆新感線の舞台も始まるし、桐山照史くんが出演する連続ドラマHOPEも始まるし、さらには濵田くんもノンママ白書という連続ドラマに出演するという嬉しい知らせも舞い込んで来た。大好きなグループから2人も連続ドラマに出演し、毎週見られるのは嬉しい。その楽しみの数々のおかげで大嫌いな夏も大好きになってくる。

 

なんといっても、今年のビッグイベントはメンバー最年少の小瀧望くんが20歳を迎えること。10代から20歳に成人を迎えるということはお酒も飲めるし喫煙もできるし様々なことが合法になる。幼い頃からジャニーズの世界に入っていた小瀧くんには元々あったようなものだと思うけど、全て自分の責任になり、自分が背負う。

本人は勿論、他のメンバーも楽しみにしているに違いないしファンも楽しみにしている。

刻々と、小瀧望くんの19歳が終わる音が聞こえてくるたび、夜空を駆け抜ける星のような儚さと切なさを感じる。

 

たった一度きりしかない季節を、大嫌いな夏をもっともっと大好きにしてほしい。

ジャニーズWESTさん、来年は夏のコンサート待ってます。